DynamicDNSでサーバー公開

Flets ISDNで常時接続をし、Linuxサーバーを公開する方法を説明します。
ここでは、DynamicDNSサービスdyn.toを使用して、自動的に回線切断を検出
して再接続、DYnamicDNSのアップデートを行う方法を紹介します。

まず、使用しているダイヤルアップルーターのsyslogを他のマシンに送信できる
必要があります。この機能が無い場合は、何らかの手段で回線の接続状況を知る
必要があります。

1.ルーターの設定を変え、syslogをLinuxマシンに送信できるようにする

2.ルーターからのsyslog送信を受信できるようにLinuxマシンを設定する。
3.監視スクリプトを作る

続く…