旅の相棒たち


 ツーリングレーサーたれパンタ号

 Bianchi AL L D/A (アルミ メガプロL デュラエース)
 

 モデル: ビアンキ AL L D/A
 コンポ: デュラエース+アルテグラ
 車種:  ロードレーサー


2000年(平成12年)投入。現在の主力戦闘機。すでにキズだらけ...

速くて快適なツーリングライフを満喫するため(?)96年に導入したサンレモびあんき君。
ユースホステルなどを利用しつつ10日間前後の旅をするに十分な荷物の積載能力があり,高速性
能も安定性もよし。乗鞍高原鈴蘭−畳平間ヒルクライムも最速1時間26分(レースに出たのでは
ナイ)と,なかなかのパフォーマンスを発揮してくれたのでありました。

ところが,ある秋,静岡県の袋井市で開催された6時間耐久エンデューロレースに誘われました。
そこに集まっていたのはギンギンのレーサーに乗ったバケモノのような人々。そこで思い知らされ
たのは,ツーリング車でレースは無理があるという事実。登り坂は乗鞍パワーにモノ言わせてそこ
そこな速さでクリアしても,下りで差される。しかもかなり「邪魔」になっていたようす。くやし
い。もっと速い自転車が欲しい...

そこへタイミングよく悪魔のささやき。ビアンキの1999年モデルのカタログを目の前に広げら
れ,イキナリ強力な火炎放射器で点火されてしまいました。

さて,ターゲットが決まりました。本格派ロードレーサーであります。しかもここで大胆なコンセ
プトを打ち出すことに。こいつにキャリアを装備してツーリング・レーサーとしてアレンジし,ツ
ール・ド・フランスに乗り込むのだ!
 

   見事なキャリア工作

面倒な工作を引き受けてくださったのは,東村山のサイクルショップササジマさん。初めはレーサ
ーにキャリア?といぶかしげだったおやじさんも,だんだん乗り気になってご覧のとおりの見事な
出来栄え。もともとこのショップはフレームをパイプから組み上げてしまうビルダーで,この手の
工作はお手のものだったのであります。
レーサーにキャリアを装備して,ロングのツーリング。荷物を降ろしてキャリアを外せば,即実戦
対応のレーシングバイクに。コンセプトは2段ロケット。
 

 ヨーロッパアルプスツーリング仕様。これで走行距離トータル2800km。

 タイヤはオリジナルの20mmから太めの25mmに履き替えて行った。 

特注キャリアは,ヨーロッパでも注目の的。フランスのキャンプ場では,お隣さんが熱心にスケッ
チしていました。キャリアはアルミではなくスチールで。破損した場合でも出先で修理が可能なよ
うに,という配慮です。キャリアを別にすると,ギアをはじめ特にオリジナルに手を加えた個所は
ありませんが,細かいところで,

・フロントバッグを装着する際,STIレバーから出てくるケーブルが支障するので,「バナナ」
 と呼ばれる部品で付け根をカーブさせ,支障ないよう取り回す。
・ステムはあえて上向きに。楽なライディングフォームで長距離走行できるように。登り坂や踏み
 どころでは,いつもバー下を掴むことにしているので,高さは問題なし。
・ペダルはシマノのSPD。本来マウンテン用だが,レーサー用シューズはクリート金具が大きく
 て歩くのには不向き。しかし,ツーリングでは歩けないのは困る。SPDペダル用シューズには,
 スニーカー風のものもあって,峠に自転車を置いて山歩きを楽しむ,という使い方が可能になる。
 

 キャリアを外してレース仕様。乗鞍ヒルクライム,1時間19分04秒。

舗装路を行くのなら,速く楽に走れるロードレーサー。これをツーリングにも使わない手はありま
せん。

※サイクルショップ・ササジマさん →ご紹介ページへ
 189-0022 東京都東村山市野口町2-1-14 TEL: 0423-91-0023

※たれパンタ号の名の由来
 1999年モデルでは,カンパ・レコードがアッセンブルされていて,誰かさんの「パンターニ・レプリカだぞぉ」
 のひと言が購入の決め手になったんですが...2000年モデルはデュラエース一部アルテグラ。これじゃ
 あパンターニ・レプリカ崩れのたれパンタだぁ! っというわけ。


→もどる