富士山五合目・奥庭自然園

山梨県南都留郡鳴沢村; 2001年6月24日,25日撮影


富士スバルライン五合目終点手前1.5km,御庭・奥庭駐車場より遊歩道を降りて行くと奥庭荘
売店。今夜の宿はここ。一休みしたら,付近の山野草を狙いに...
 

6月24日撮影

  五合目奥庭駐車場

四合目を過ぎると眼下に青木ヶ原の樹海が広がる。樹林帯を抜けて見晴らしが良くなると,まもな
く五合目御庭・奥庭駐車場。
 

シロバナヘビイチゴ (白花蛇苺) Fragaria nipponica
  バラ科オランダイチゴ属

山麓の比較的標高の低いところから見られるが,このあたりは標高2200m。いっぱしの高山植
物の風格がある。
 

マイヅルソウ (舞鶴草) Maianthemum dilatatum
   ユリ科マイヅルソウ属

深山の針葉樹林に多く生える多年草。舞鶴草の名は,葉脈の曲がった様子がツルが羽根を広げたよ
うに見えるところから。高さは10〜20cmくらい,葉は卵心形で長さ3〜7cm,基部は心形
で先はとがる。茎の先に小さく白い花を10〜20個程度つける。
 

フジハタザオ (富士旗竿) Arabis serrata
  アブラナ科ハタザオ属

富士山の砂礫地や岩場に生える多年草。高さ10〜30cm。奥庭荘のまわりにも普通にみられる。
 

 奥庭展望台から,富士山。

巨大な富士山が間近に迫る。富士山らしくないが,このでかい山。富士山以外にありえない。
 

  新緑を迎えた針葉樹

 風衝木

特定方向から吹く強い風に煽られ,枝が一方向を向いて伸びている。
 

 夕暮れの雲海
 

コケモモ (苔桃) Vaccinium vitis-idaea
   

 ツツジ科スノキ属

高山に生える5〜20cmの常緑小低木。葉は密に互生して,革質でつやがある1cmくらいの長
楕円形。花は少し淡紅色を帯びた白色の釣鐘形で6〜7mm,枝先に3〜8個下向きにつく。実は
球形で赤く熟し,食べられる。ジャムにしたり焼酎に漬けてコケモモ酒にしたり。奥庭荘でも販売
しているので,お試しを。
 

 夕映えに染まる。赤富士。
 


6月25日撮影

ミヤマオダマキ (深山苧環) Aquilegia flabellata var. pumila
  

 キンポウゲ科オダマキ属

高山の礫地に生える高さ10〜20cmの多年草。一見大きめのクローバーのような葉を広げる。
花は径3〜4cm,鮮やかな青紫色で下向きに開く。外側に広がるのは萼片で広卵形,花弁は内側
で白色を帯び長さ1〜1.5cm。園芸品種のオダマキは,本種を改良したものと考えられる。苧
環とは,麻糸を巻いた昔の道具。
 

 天狗の庭

奥庭荘の前に大きな火山弾。天狗が山頂から小脇に抱えてきてここに据え,空から降りてくる際の
踏み台にした...という伝説が残る。
 

イチヨウラン (一葉蘭) Dactylostalix ringens  別名 ヒトハラン
   ラン科イチヨウラン属

深山の針葉樹林下に生える多年草。葉は広楕円形で長さは3〜5cm。葉の脇から出た高さ10〜
15cmくらいの花茎の先に一輪の花をつける。葉が1枚つくところから,一葉蘭。
 


→エリア別山の花写真集・インデックスへ