乗鞍岳畳平・紅葉 その2

長野県南安曇郡安曇村,岐阜県大野郡丹生川村; 2001年9月28,30日撮影


秋分の日の連休はまだ早かった,乗鞍岳の紅葉。やはり見頃は9月下旬から10月上旬がいいよう
です。

…というわけで,しばらく間をおいて再度アタック。この間,気温が低いものの好天続きで,紅葉
は一気に進みました。
 

9月28日撮影

  位ヶ原より大雪渓

日に日に色鮮やかになってゆく,ナナカマドの木。冷えて重くなった空気が駆け下りて行く谷筋や,
風通しのよい道路端から色づいてゆく。乗鞍岳名物,大雪渓もあんなに小さく。でもあと半月もす
れば今年の新雪がやってくる。もう少しの辛抱(?)。
 

  位ヶ原のお花畑

夏にはチングルマ,コイワカガミ,アオノツガザクラなどが咲き誇る一角。道路際,カーブの法面
は高山植物がいっぱい。この時期にはもちろん花はないけれど,葉が赤く染まって見事な草紅葉。
逆光にチングルマの実の綿毛が輝いて,夏の花ざかりとはまた一味違った趣が。
 

  ナナカマド,色が鮮やかになってきた。

 位ヶ原,標高2500m付近

 高山植物を踏み荒らさないように! 

  冷泉小屋付近

道路沿いが,紅葉の回廊と化す。思わず一時停止。道が狭く,見通しの悪いカーブのそばなので車
でこれをやられると迷惑だが,自転車ならばだいじょうぶ。ちょっと路肩に外れて。
 


9月30日撮影

天気予報は午後から雨。位ヶ原付近,紅葉はいよいよ見頃だけれども天気はどんより。上手くはゆ
かないもの。今日は車に便乗させて頂いて,紅葉見物に。ここ数日,自転車でさんざんロケハンし
てきたので,見所の案内はお任せ下さい...
 

  位ヶ原山荘付近

天気イマイチなので,なんかのっぺりとした印象に。かといって,ピーカン不許可。晴れすぎても
だめ。青空が覗くくらいの晴れか,あるいは雲がたなびく悪天候の方が絵になる。
 

 位ヶ原山荘前を過ぎたあたり

カメラマンが大勢。なぜか年配の人ばかり。高そうなカメラ担いで,心ここにあらずという風情で
うろうろ。危ないねぇ,まったく。
 

イネ科の植物(ヒゲノガリヤス?)が風になびく。寒ぅー。
 

 三段染め!

位ヶ原の高山植物スポット。上からダケカンバ(黄),ナナカマド(赤),ハイマツ(緑)。ハイ
マツは常緑の針葉樹。道路きわには茶色く枯れかけたチングルマやコイワカガミなどの小低木に,
ウサギギク,ミヤマキンバイなどの草本。
 

ミヤマアキノキリンソウ (深山秋黄輪草) Solidago virga-aurea var. leiocarpa  別名 コガネギク
 キク科アキノキリンソウ属

亜高山〜高山帯の草地や林縁に生える多年草で,高さ15〜60cm。茎の上部に穂状に集まった
黄色い花を咲かせる。今は茶色く枯れかけて,綿毛(実)をつけている。これだけ見てもなんだか
判らないが,秋口にたしかに黄色い花がこの場所に。
 

  お花畑は草紅葉。

28日にも立ち寄って撮影したところ。
 

チングルマ (稚児車) Sieversia pentapetala
  バラ科チングルマ属

高さ15cmほどの落葉小低木。高山の雪渓近くの草地に生える。花が終わり,実をつけたところ。
花柱が羽毛状に3cmほど伸び,風車のように見える。夕陽に向かって逆光で狙うと綿毛がきらき
らと輝き,風情があってよろしい。
 

ミヤマキンバイ (深山金梅) Potentilla matsumurae
 バラ科キジムシロ属

高山の礫地や草地に生える多年草。高さ10〜20cm。イチゴに似た3枚の小葉が紅葉している。
夏には径2cmほどの黄色い梅に似た花を咲かせる。
 

シナノオトギリ (信濃弟切) Hypericum kamtschaticum var. senanense
 オトギリソウ科オトギリソウ属

高山の岩場に生える多年草。高さ30cmほどになる。葉は卵状楕円形で長さ2cmほど,明点が
ある。夏,径2cmほどの黄色い花を咲かせる。山野に生える同属のオトギリソウは薬草として用
いられる。和名は,秘薬について人にもらした弟を兄が怒って斬った,という伝説に由来するとい
う。
 

ウサギギク (兎菊) Arnica unalaschcensis var. tschonoskyi  別名 キングルマ
  キク科ウサギギク属

ウサギギク。高山の草地に生える多年草で高さ10〜30cm。長く一対出る葉の様子をウサギの
耳に見立てた。これも花の時期を知っていればこそで,この状態をイキナリ見せられても何かは判
らない。
 

 各種高山植物の紅葉
 

ウラジロナナカマド (裏白七竃) Sorbus matsumurana
 バラ科ナナカマド属

亜高山の林縁や高山帯下部の低木林中に生える,高さ1〜2mの落葉低木。葉は9〜13枚の小葉
からなる奇数羽状複葉。小葉は長楕円形で長さ3〜6cm,幅1〜2cmで裏面が粉白色を帯びる。
球形または広楕円形で径1cmくらいの赤い実をつける。

今年は台風にもやられず,真紅に紅葉して見事である。風にすっかり吹き払われてカラ振り,とい
う年もある。
 


→エリア別山の花写真集・インデックスへ