霧ヶ峰・春 その1

長野県茅野市,諏訪市; 2001年6月5日撮影


白樺湖からビーナスラインを霧ヶ峰へ。ターゲットは霧ヶ峰高原のレンゲツツジ。しかし,まだ時
期がわずかに早く,スタート地点の白樺湖ユースの建物の周りで丁度見頃を迎えたばかりでした。
ツツジのほかにも,ビーナスラインの沿道にはニガイチゴやラショウモンカズラなどなど。
 

白樺湖付近〜霧ヶ峰高原 6月5日撮影

レンゲツツジ (蓮花躑躅) Rhododendron japonicum
   

   ツツジ科ツツジ属

高原や湿原の縁などにしばしば大群落をつくる。高さ1〜2mの落葉低木。葉は枝先に集まってつ
く。葉が開く前に赤橙色の大振りの花をつける。枝が輪状に分枝し,花も輪状につくことから,蓮
花(ハス)にたとえたのが和名になったという。
 

  ビーナスライン

白樺湖から車山高原へ。沿線にはところどころレンゲツツジの群落が。残念ながら天気は下り坂。
接写にはいいが,群落写真は晴れていないと締まらない。
 

キンポウゲ (金鳳花) Ranunculus japonicus  別名 ウマノアシガタ
  キンポウゲ科キンポウゲ属

日当りのよい山地や野原の土手,草地に生える多年草。高さ30から70cmで分枝し,花柄の先
端に径2〜2.5cmほどの黄色い花を一つつける。花弁は5枚。
 

ニガイチゴ (苦苺) Rubus microphyllus
  バラ科キイチゴ属

山地の道端や河原などに生える落葉低木。高さ30cm〜1mで,刺が多い。葉は長さ2〜4cm
で卵形,浅く三つに裂ける。径2〜3cmほどの5弁の白花を上向きにつける。実は「キイチゴ」
系で径1cmほど,赤く熟してやや苦い。
 

ラショウモンカズラ (羅生門蔓) Meehania urticifolia
  

   シソ科ラショウモンカズラ属

京都の羅生門で,渡辺綱が切り落とした鬼女の腕に花が似ていることからついた名だといわれるが,
一度聞けば忘れないインパクトがある。おどろおどろしい名に似合わず実物は清楚な青紫色だが,
薄暗いところでいきなり出くわすとたしかに不気味。

林の中などに生える多年草。高さは20〜30cmくらい。
 

キジムシロ (雉蓙) Potentilla fragarioides var. major
  バラ科キジムシロ属

山野に生える多年草。全体にあらい毛がある。小葉は5〜9枚。同心円状に広がるところから,雉
が座るムシロ(蓙)にたとえた。
 

ミヤマハタザオ (深山旗竿) Arabis lyrata var. kamtschatica
  アブラナ科ハタザオ属

山地や深山の砂礫地,岩場に生える多年草。ビーナスラインの道端に。
茎葉は細く線状,高さは2〜30cmくらい。5mm程度の白い小さな十字状花を咲かせる。
 

 ビーナスライン・車山高原付近にて
 


→エリア別山の花写真集・インデックスへ