霧ヶ峰・夏

長野県茅野市,諏訪市; 2001年7月19日撮影


上諏訪から霧ヶ峰高原へ。真夏の炎天下,一気に直登します。午後になって空には夏雲が湧き上が
り,霧ヶ峰高原に着く頃にはぱらぱらと小雨も落ちてきました。霧ヶ峰高原からビーナスラインを
沢渡(さわたり)まで足を伸ばして,高原に咲く花々を。
 

上諏訪〜霧ヶ峰高原 7月19日撮影

 立石公園から諏訪湖一望

上諏訪市街から山にとりつき,ひと登りすると立石公園。諏訪湖が一望できる。この付近の雑木林
には,国蝶のオオムラサキが棲んでいる。
 

ヤマホタルブクロ (山蛍袋) Campanula punctata var. hondoensis
  キキョウ科ホタルブクロ属

立石公園にて。涼しい林の中でひといき。
富士山に咲いているホタルブクロはせいぜい15cmくらいの高さだが,ここでは背丈が1m近い。
 

クサアジサイ (草紫陽花) Cardiandra alternifolia
 ユキノシタ科クサアジサイ属

やや湿った林内に生える多年草。高さ50〜80cmくらい。両端の尖った長楕円形の葉を互生さ
せる。茎の先に細かい白または淡紅紫色の花をたくさんつける。花序の周りには,白い装飾花がつ
く。紫陽花のような花を咲かせる草。
 

ヤマホトトギス (山杜鵑草) Tricyrtis macropoda
 ユリ科ホトトギス属

立石公園の林の中にて。山地の林下に生える高さ30〜70cmの多年草。長楕円形の葉を互生さ
せる。茎の先端や葉の脇から散房状の花序をだして紫色の斑点がある白い花をつける。花びら状の
花被片は6個で強く反り返る。黄花をつけるものもあるようだ。名は,花被片にある斑点が鳥のホ
トトギスの胸にある斑点になぞらえたもの。
 

 道祖神

あちこちで神さまが見守る,信州の道。雲行き,やや怪し。
 

ゼンテイカ (禅庭花) Hemerocallis middendorffii var. esculenta  別名 ニッコウキスゲ(日光黄菅)
  ユリ科ワスレグサ属

山地や高山の草原などに群生する高さ50〜80cmの多年草。花茎の先は枝分かれして数個の濃
い橙黄色の花をつける。花は下から順に咲く。花は径7〜8cmの漏斗状の大輪で,花びら状の花
被片は6個,上部が少し反り返る。

今年は梅雨明けが早かったせいか,既にピークは過ぎてしまった。ここ数年,この傾向である。例
年7月中旬から下旬と言われていた見頃は,6月下旬から7月上旬にシフトしたようだ。
 

 混雑する霧ヶ峰のドライブイン・ゾーンを離れて,ほっと一息。

このままビーナスラインを和田峠方面へ向かい,沢渡(さわたり)付近に自転車を置いて歩いて八
島湿原へ。八島ヶ原まで走ると途中に料金所があって,自転車(軽車両)片道50円の出費である。
 

八島湿原その1八島湿原その2


八島湿原を散策して,高原の花の撮影。収穫もまずまず。
沢渡に戻って自転車を引き出し,もと来た道を辿って霧ヶ峰へ。さらに今夜の宿の白樺湖へ向かい
ます。
 

  車山肩へ

夏雲が湧き上がる。さっきは雨もぱらついたが,天気はすっかり回復した。霧ヶ峰というだけあっ
て,霧を始めとした悪天候に出くわす率は結構高い。晴天「打率」は5割を割っているかもしれな
い...
 

  

  車山の麓

山肌を黄色く染めるニッコウキスゲ(ゼンテイカ)の大群落。ピークは過ぎたとはいえ,やはり名
所である。8月に入ると,マツムシソウの群落がとって代わる。
 

  夕暮れ

にわかに掻き曇り,冷たい風がガスとともに吹き抜ける。と,雲間から夕陽が差し込んで,光のカ
ーテン。おー,寒ぅ。そろそろ降りるか。
 


→エリア別山の花写真集・インデックスへ