霧ヶ峰・夏

長野県諏訪市; 2002年7月25日撮影


昨日,乗鞍高原から扉峠を越えてビーナスラインを白樺湖へ。しかしながら,暑さにダレてのんび
り休み休み走るうち,霧ヶ峰を通過する頃には日はとっぷり暮れてあたりは真っ暗。で,今日改め
て自転車引出し,霧ヶ峰高原,八島ヶ原の山の花を狙いに出直しツーリング。
白樺湖→車山肩→八島高原→歩いて八島ヶ原湿原とその周辺の山をひとめぐり。霧ヶ峰高原の山の
花,まいどおなじみの回遊ルートで迫ります。
 

車山肩とその付近にて

   

 おやくそく,ニッコウキスゲ

時折日差しもこぼれる中,ビーナスラインを快走する。車山肩周辺は山肌を黄色く染めて日光黄菅
の大群落。しかしピークはほんの少し前。つぼみの数と咲き終わった花の数がおおよそ半々。観光
客で混んでいるので,じっくり撮影するのは帰りの夕暮れ時にする。
 

コウゾリナ (髪剃菜) Picris hieracioides var. glabrescens
 キク科コウゾリナ属

山野の道端などに生える2年草。高さ30〜100cm。葉は長さ6〜10cm程度の倒披針形。
茎は上部で枝分かれして,径2〜2.5cmの黄色の舌状花からなる小花が多数集まった頭花をつ
ける。茎や葉に剛毛を持ち,さわると引っかかるところから剃刀にたとえたものが訛ってコウゾリ
ナとなった。アップで迫ると,タンポポそっくり。

八島ヶ原駐車場に自転車止めて,湿原を行く遊歩道へ。 →八島湿原 その1



八島湿原を時計回りに一周し,途中からゼブラ山を目指して山に分け入...ったつもりが道を間
違えて手前の物見岩方面へのルートに乗ってしまった。まあいいか。
 

八島湿原から物見岩にかけて

キンバイソウ (金梅草) Trollius hondoensis
  

 キンポウゲ科キンバイソウ属

深山の草地や林のふちなどに生える多年草。高さ40〜80cmになる。茎の上部で枝分かれして,
先端に径3〜4cmほどの黄色い花をつける。花弁に見えるのは萼片で長さ2〜2.5cmの卵形,
5〜7個が平開する。花弁は線形で長さ2cmほど。雄しべは多数あり,花弁よりも短い。

鎌ヶ池の奥,登山道際の沢沿いに咲いていた。明るい日差しを浴びて,撮ってくれと言わんばかり。
 

 八島ヶ原

八島ヶ原は,枯れた植物が腐敗せずに積み重なって出来た泥炭層が厚く堆積した高層湿原である。
霧ヶ峰湿原植物群落として天然記念物に指定して保護されている。しかし,乾燥化により草原に移
行しつつあるとも言われている。
 

ゼンテイカ (禅庭花) Hemerocallis middendorffii var. esculenta  別名 ニッコウキスゲ(日光黄菅)
  ユリ科ワスレグサ属

山地や高山の草原などに群生する高さ50〜80cmの多年草。花茎の先は枝分かれして数個の濃
い橙黄色の花をつける。花は下から順に咲く。花は径7〜8cmの漏斗状の大輪で,花びら状の花
被片は6個,上部が少し反り返る。
 

 物見岩

普通に歩けば小一時間の行程を,たっぷり2時間以上かける。それにしても熟年登山のおじさんお
ばさん,歩くの速いこと速いこと。

物見岩は八島ヶ原とそれを取り囲む山々を一望する眺めのよい場所。涼しい風に吹かれながら,ひ
と休み。
 

カワラナデシコ (河原撫子) Dianthus superbus var. longicalycinus  別名 ナデシコ
 ナデシコ科ナデシコ属

山野の日当りのよい草原などに生える多年草。高さ30cm〜1m弱くらい。茎の上部が枝分かれ
して,淡紅紫色の花をひらく。萼は細長い円筒形で先端は5つに裂けている。花弁は5枚あり,先
が深く裂け,基部には毛がある。秋の七草。
 

   満開!

蝶々深山,車山,ゼブラ山から続く尾根...あたりの山肌は黄色の絨毯。
しかし,ひょろりと高い背に大きな花を揺らせるので,風が吹くと始末に負えない花である。しか
もみんな同じ高さに咲くので,カメラを水平に構えると群落の「奥行き」が出ない。山の斜面で狙
わないと。難しい花でもある。

蝶々深山の手前から下り,御射山ヒュッテを経由して八島ヶ原に戻る。 →八島湿原 その2



八島高原から再びビーナスライン。自転車で白樺湖へ帰る。賑々しい霧ヶ峰のドライブイン・ゾー
ンを素通りして車山肩へ急ぐ。
 

車山肩にて

  

 車山の西側斜面

天気は晴れたり曇ったり。ときおり差し込む西日を受けて,黄色の絨毯,輝く。生で見ると大した
迫力だが,写真にすると平凡だなぁ。
 

シラヤマギク (白山菊) Aster scaber
  キク科シオン属

山地の林縁や草地などに生える多年草。高さ1m程度。茎や葉にはざらざらした毛がある。茎の先
が枝分かれして先端に径2cmほどの頭花をつける。頭花は縁辺部の舌状花と中心の筒状花からな
り,花弁状の舌状花は白で少数,筒状花は黄色で多数。春の若芽は食用になる。

ニッコウキスゲに混じって肩身狭そうに咲く。
 

  夕暮れどき

あれだけいた観光客も潮が引くように居なくなり,道路を通るクルマもほとんどなくなってあたり
はひっそり。風の音だけ。
 

 夏雲が湧き上がる。

しかし,もう日没。積乱雲にまで発達して「祭り」を起こすほどの力はないようだ。
 

  

コロボックルヒュッテの付近から丘の上へ。ここにもニッコウキスゲの群落。風が強く,接写には
向かない。そろそろ潮時,引き揚げるか。
 

 夕陽を浴びて,ビーナスライン

クルマも減って快適そのもの。白樺湖まで一気に落ちる。豪快ダウンヒル,はじまり。
 

  八ヶ岳連山

霧ヶ峰,というだけあって天気が悪いことが多く,意外とここから八ヶ岳を見る機会は少ない。で
も今日は富士山までくっきり。稜線が夕陽を浴びて赤く染まる。今日という日の,最後の輝き。
 


→2002年版高原の花・インデックスへ

→エリア別山の花写真集・インデックスへ