車山高原・春 その2

長野県茅野市; 2001年6月7日撮影


白樺湖ユースの建物の裏を少し登るとビーナスラインの道路。車山の峰続きの尾根は明るい草原と
なっていて,気の早いニッコウキスゲもちらほら。
 

車山高原,ビーナスライン付近 6月7日撮影

  車山高原

ときおり青空がのぞき,薄日も漏れる。修学旅行の中学生達がパラグライダーにチャレンジ。
 

カイジンドウ (甲斐竜胆) Ajuga ciliata var. villosior
   シソ科キランソウ属

山地の林や草原に生える多年草。高さ30〜40cm。葉や茎には白い毛が密生し,根元は赤紫色。
花は紅紫色で上部に穂のようにつき,長さ1cmくらい。下唇が大きく,3裂していて中央の裂片
が大きい。和名は甲斐の国のリンドウの意。
 

 れんげつつじ
 

ヒトリシズカ (一人静) Chloranthus japonicus
   センリョウ科センリョウ属

山地の林下や日のあたる草地に生える多年草。高さ10〜30cm。茎の先に4枚の葉を対生し,
中心から白い穂状花序を一個立てる。花弁はなく,長さ数mmの白い雄しべの花糸3個が水平に伸
びる。写真の株は,残念ながら花は終わっている。
 

ゼンテイカ (禅庭花) Hemerocallis middendorffii var. esculenta  別名 ニッコウキスゲ(日光黄菅)
  

   ユリ科ワスレグサ属

山地や高山の草原などに群生する高さ30〜7,80cmになる多年草。葉は幅1.5cmほど。
葉の間から花茎を出し,先は短く枝分かれして数個の花をつける。花は径7cmくらい,濃い黄色
の漏斗状鐘形で下部の筒型の部分は1〜2cm。別名は日光に多いことにちなんでニッコウキスゲ,
こちらのほうが通りがよい。

霧ヶ峰,といえばニッコウキスゲの群落が有名だが,見頃は7月の上旬から中旬にかけて。6月始
めの今ごろはまだ花期には早いはずだが,標高が比較的低く南側斜面で日当りのよいこのあたりは
例年早めに咲き始めるという。ビーナスライン白樺湖料金所から1kmくらい登ったあたり。
 

ナツトウダイ (夏燈台) Euphorbia sieboldiana
  トウダイグサ科トウダイグサ属

山地や丘陵地に生える多年草。高さ30〜40cm。葉は互生するが,茎の先で輪生する5枚の葉
のわきから枝を出し,杯状の花序をつける。油を置いた昔の燈台の台に似ていることから燈台草。
 

キンポウゲ (金鳳花) Ranunculus japonicus  別名 ウマノアシガタ
  キンポウゲ科キンポウゲ属

日当りのよい山地や野原の土手や道端に生える多年草。高さ30〜60cm。
花びらに艶のあることがよくわかる。径2〜2.5cmくらいの小さな花でひょろ高いのでなかな
か絵にならない。しかも風が吹くとよく揺れる...
 

キジムシロ (雉蓙) Potentilla fragarioides var. major
  バラ科キジムシロ属

山野に生える多年草。高さ5〜30cm。ぱっと見キンポウゲに似ているが,地を這って繁りイチ
ゴのような葉をつける。まるく同心円状に拡がって花を咲かせる様子をキジの座るムシロに見立て
た。
 

イカリソウ (錨草) Epimedium grandiflorum var. thunbergianum
   メギ科イカリソウ属

山地に生える多年草。紫〜淡紫色の4枚の花弁に長さ約2cmの長い距があり,四方に広がり弓形
に曲がる。その様子が船のイカリに似ているところから,イカリソウの名がついた。車山登山道に
て。
 

ヒメハギ (姫萩) Polygala japonica
   ヒメハギ科ヒメハギ属

山野の日のあたるところに生える多年草。高さ10〜20cmくらい。茎はかたく,地面を這って
伸びて上部は斜めに立ち上がる。葉は互生して長さ1〜3cm,卵形または楕円形。茎の上部に紅
紫色の小さな蝶型の花をつける。全体に小振りでハギに似た花をつけるところから,ヒメハギ。
(ちなみに,ハギはマメ科の植物)
 

ヒメイズイ Polygonatum humile
  ユリ科アマドコロ属

山地や海岸の草地などに生える多年草。高さ15〜30cm。茎には稜角がある。葉は長楕円状披
針形または楕円形で長さ4〜7cm,幅1〜3cm,裏面は淡緑色。花は長さ1.5cmほどの長
い鐘形で緑白色,葉の脇から1〜2個が垂れ下がる。イズイはアマドコロの漢名。
 

レンゲツツジ (蓮花躑躅) Rhododendron japonicum
  ツツジ科ツツジ属

残念ながら霧ヶ峰の群落はまだツボミだったが,このあたりが満開の見頃。まあ,よしとするか。
惜しむらくは天気がもっと良ければ,青空と蓼科山をバックにキメられたのだけど。
 

スズラン (鈴蘭) Convallaria keiskei
  ユリ科スズラン属

道路脇に自生していた。目が慣れると,実はビーナスラインの道端にも沢山生えていたことがわか
ってちょっとびっくり。
 


→エリア別山の花写真集・インデックスへ