乗鞍高原・早春 その2

長野県南安曇郡安曇村乗鞍高原; 2001年5月2日撮影


乗鞍高原の集落,宮ノ原地区のミズバショウ群生地。ここは日当りがよく,他の自生地が雪に覆わ
れていることもある4月下旬〜5月上旬でも,毎年見事な群落をつくって楽しませてくれます。
 

乗鞍高原 5月2日撮影

ミズバショウ (水芭蕉) Lysichiton camtschatcense
  

  

   サトイモ科ミズバショウ属

葉が芭蕉に似ているので,この名がある。雪解けが終わると真っ先に白い花 〜仏炎苞を咲かせる。
湿地に生える多年草。花は葉に先立って開き,花茎は高さ10〜30cm。白い仏炎苞は卵状楕円
形で長さ8〜10cmほど。小さな淡緑色の花が棒状の花穂に密生する。葉は花の後生長して,長
さ1m近くになる。
 

ユキヤナギの仲間 Salix sp. ?
  ヤナギ科ヤナギ属?

ヤナギの一種も花を咲かせていた。早春風景。
 


→エリア別山の花写真集・インデックスへ