旅のノウハウ

パンク修理


自転車にパンクはつきもの。ツーリング中に出くわすトラブルで最も多いのはこれ。山岳ツーリン
グをやるならパンク修理は必須の技術です。山の中,自転車屋さんが都合よくあるとは限りません。

タイヤについて

ロードレーサー,あるいはロードバイクと呼ばれる自転車では,チューブラータイヤを使用する場
合とクリンチャー(WOタイヤともいう)を使用する場合があります。一般にチューブラータイヤ
はタイヤそのものや車輪側(リム)の構造が単純になるために,ホイール全体も軽く作られていま
す。反面,空気が入るゴムチューブがチューブ状に縫いこまれたタイヤ内に封入されているので,
パンク修理は出来なくはないですが困難。パンクしたらタイヤごと交換してしまうのが一般的です。

クリンチャータイプ(WOタイヤ)はいわゆるママチャリタイプ。タイヤとチューブが独立してい
るので,タイヤを外してゴムチューブを引き出し,穴をふさぐことができます。

数日にわたるロングのツーリングでは,たくさんタイヤを用意して走るわけにもいかないので,ど
ちらかというとチューブラータイヤは不利。新車購入あるいはホイール新調の時は,ツーリング用
途も考えている場合はクリンチャー(WOタイヤ)タイプを選択する場合が多いです。なお,クリ
ンチャーとチューブラーの互換性はありませんので,念のため。
 

パンクの種類

パンクに種類なんかあるのか? …あるんです。
走行中にガラスの破片や尖った石を踏んで直接チューブを傷つける場合の他に,「リム打ち」と呼
ばれる現象や空気の入れすぎによるバースト,などもあります。

・異物を踏む
 道路の脇にはゴミがたまっていることが多く,ガラス片や鋭利な金物,尖った石などを踏んでタ
 イヤに穴をあける。症状は千差万別で,釘などの太いものを踏めば急に,ホチキス針のような小
 さなものなら徐々に(スロー・パンクチュアと呼ばれる)空気が抜けます。修理の際,チューブ
 の穴をふさぐだけでなくタイヤに刺さったこれら異物も取り除いてください。このチェックを怠
 ると同じ場所を何度も傷つけることになります。
 
・リム打ち
 空気圧の下がっているとき,荒れた路面や段差を通過したり石を踏んだりすると起こります。チ
 ューブがリムとタイヤのスキ間に挟まって傷めてしまうのですが,2つの穴がハの字形に並んで
 あくという特徴的な傷がつきます。空気の抜け方は急激で,衝撃のあと,前輪にダメージがあっ
 た場合などはいきなりふらついたりしてかなり危険な状態になることもあります。空気圧の下が
 っている時は,特に段差や荒れた路面での高速運転に注意が必要です。

・バースト
 タイヤやチューブには許容空気圧というのがあり,低すぎても高すぎてもいけません。圧を高く
 すればするほど路面からの抵抗が小さくなるので速く走れますが,限度を越えると破裂します。
 その音は銃声とも爆発とも聞こえる大きなもの。場所が場所だと,かなり人騒がせかも知れませ
 ん...
 注意しなければいけないのは高山。麓で許容値一杯に入れてしまうと,空気の薄い高地へ行った
 ときに周囲の気圧が下がって膨張,破裂に至る可能性があります。乗鞍岳畳平で標高は2700
 m。平地よりざっと2割は空気が薄いので,それを計算に入れてください。

・リムテープの「よれ」
 ちゃんと整備していれば起こることはないのですが。
 ホイールは,中心のハブから出てくるスポークをニップルというネジでリムに固定しています。
 リム側のスポークの付け根に並んでいる「四角柱」状の小ネジがそれです。リム側からみると,
 ホイールの構造によっても違いますがおおむね中央にニップル,ネジの尻が並んでいます。ここ
 にチューブがあたると破裂するおそれがあるので,リムテープというゴムやプラスチックの帯で
 蔽って保護しているのですが,このリムテープがヨレていたりすると...滅多にないだけに原
 因として気づきにくく,同じ失敗を何度も繰り返すことも。
 

パンク修理の一部始終

それでは実際に修理してみましょう。ここでは,クリンチャータイプの場合を例にパンク修理の一
部始終を紹介します。パッチとゴムのりという,昔ながらのやり方で。
 

1.タイヤをはずす
 タイヤレバーという工具をリムとタイヤの隙間に差し込んで,コジる。

タイヤの細いロード車では,結構力が必要で難しい。あせって中のチューブに余計な傷をつけない
ように。

※なるべく「タイヤレバー」を使うようにして下さい。マイナスドライバーは先が鋭利で,チュー
 ブに傷をつけるリスクが大,です。
 

2.チューブを引き出して,穴を探す。
 バケツに水,というおなじみのシチュエーション。

ただ,山道では都合よく水の入ったバケツが転がっているとは限らないので,水なしで穴を見つけ
る技も身に付けてください。空気を少し注入したあと,チューブをよーく眺めまわして傷らしきも
のを見つけたらツバをつけます。小さな穴だと,チューブを引っ張ったりしてよく観察しないと判
りません。タイヤの傷から追ってゆくのも手です。

 穴,みつけ!

典型的なリム打ちパンク。ヘビが噛み付いたように2つの穴があくことからスネークバイト,など
と言われる。
 

3.ヤスリで整えてゴムのりを塗る
 少し乾燥させる。

穴の周囲を紙ヤスリなどで整えます。貼り付けるパッチよりもやや広い範囲を。チューブ表面のゴ
ミや油分を落とし,食いつきを良くするため。ワタシはチューブ表面の形成時の段差や表面のツヤ
もなくなるくらいまで念入りにやりますが...

ヤスリが済んだらゴムのりを塗布し,しばし待ちます。
ゴムのりは風邪をひきやすく(揮発成分が飛んで,スカスカになる)いざという時使い物にならな
い,ことも多々アリ。使用後はキャップをキチンと締めるのはもちろんですが,常に新品をもう一
個携行しておくと安心です。
 

4.パッチを貼る
 勝負!!

ここでミスすると取り返しがつきません。穴の真上に正確にパッチを当て,挟まった空気を追い出
して完全に固着するようにドライバーの柄のようなもので叩いてください。地面の凸凹で反対側に
穴をあけないように!チューブを戻す前にタイヤ側のチェックも忘れずに。異物が刺さっていたら
取り除きましょう。
 

5.タイヤをはめなおして完了!
 タイヤレバー,再び出番。

チューブを戻して,タイヤをリムにはめて行きます。空気注入口付近は,ナットを緩めて一旦押し
込みながらタイヤをはめるとうまく行きます。
このとき,タイヤとリムの隙間にチューブが挟まらないように! リム打ちと同じ状態になってし
まいます。また,最後にタイヤレバーでダメを押す際,くれぐれもチューブを痛めないように。せ
っかく修理したのに「ふりだしに戻る」はショックでかい。

最後,空気は一気に入れずに6分くらいで一旦やめ,もう一度リムとタイヤの隙間をチェック。チ
ューブがキチンと収まっているようなら,適正圧まで入れてください。

なお,穴が小さい場合の応急措置のウラ技として,ガムテープ(布のヤツ)を貼るというのがあり
ます。空気は抜けやすいものの,スイスアルプスを2〜300kmそのままで走ったことがありま
す。ありますが,あくまでも応急措置で,時間を置きすぎるとガムテープが固着してはがれなくな
り,チューブ一本おシャカ。
 

パンクさせない走り方

やってしまえば仕方ないが,ちょっと気をつけていれば避けることができるのがパンク。どうもパ
ンクしやすくて...という方,ご参考まで。

・適正圧を守る
 低すぎれば走りが重いだけでなくリム打ちパンクのリスクが,高すぎればバーストのリスクが高
 くなります。適正圧はタイヤの脇に書いてある場合が多いです。圧力計でチェックするか,圧力
 ゲージのついた高圧ポンプで空気を入れましょう

・路肩は走らない
 交通量の多い道ではそうもいきませんが...
 路肩,とくに白線の外側の路側帯にはゴミが吹きだまっていて,当然異物を拾う率も高くなりま
 す。なるべく車道の,車のタイヤの轍を追って走りましょう。キケンなゴミは車のタイヤが拾っ
 て行ってくれているので。清掃が行き届いている国道や県道を選択するのも手。でも,クルマも
 多いんだよね。

・段差に注意
 都会では歩道との,山道では...谷にかかる橋の継ぎ目。これが多いんだ。快適な舗装路を高
 速でダウンヒルしていると,橋の継ぎ目で思わぬ衝撃が。初めてのコースでは速度は控えるのが
 吉。

・チューブを替える
 それでもパンクが多くて困る,という方。チューブの品質に問題アリ,かも。交換してしまった
 方がよいかもしれません。
 


→もどる